スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Google Chrome」がノートPCのバッテリーを食いまくっている件

chrome

Googleのウェブブラウザ「Google Chrome」は、2014年6月時点のシェアが19.34%とIEに続く第2位の地位にあるメジャーなブラウザなのですが、Windows PCで使用するとIEやFirefoxよりも消費電力が増加することが指摘されています。
http://gigazine.net/news/20140715-google-chrome-laptop-battery/


対策として別ブラウザを使用する、Chromium(クロミウム)のバグ報告ページで投票するが挙げられています。
自分はメインchrome、サブfirefoxで使用しています。
コンセントのない所でノートPCからクロームを使用することがないので、個人的にはバッテリー消費量よりメモリをバカ食いされている方が厳しいですね。

【画像】google chrome by TopRank Online Marketing
Comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。